工房について

万年筆を始め、ペンシル(シャープペンシル / メカニカルペンシルとも)、ボールペン等の筆記具全般の修理・製作専門です。当工房ではこれまで培ってきた、"万年筆製作の技術を活かした"修理を得意としております。例えば書きづらいペンの改良・調整はもちろん、破損してしまった軸本体のパーツ等も作る事が可能です。また業者様向けにオリジナル筆記具の製作(試作~小ロット)も承っております。

筆記具工房
住所:〒333-0842 埼玉県川口市前川3-22-1
電話 / FAX:048-494-7506
電話対応時間:10:00〜18:00(不定休)
メール対応時間:17:00以降に確認し、なるべく翌営業日中に返信致します。

■対応内容■
・紙面のインクがスキップする、又は出過ぎる、ザラつきや引っ掛かりを感じる万年筆のペン先調整
・ペン先の字幅を細くしたい(研ぎ出し調整)
・人から譲り受けた、または中古で入手した万年筆のペン先の癖取り
・ペン先変形直し
・破損した筆記具のパーツ製作(轆轤でキャップ、首軸、胴軸等を製作します)
・アフターサービスが終了した、又はメーカー、輸入代理店が現存しない物
・インク止め式万年筆全般(パッキン/中芯交換)
・その他、アンティーク筆記具全般の修理 例:ONOTO プランジャー式や初期WATERMAN セイフティ万年筆など
・各種カスタマイズ(ご相談ください)
※研ぎ出しを含むペン先調整に限り、その場でのお持込み対応も致します。(要予約)
※上記の内容はあくまで一例です。随時修理内容をブログに掲載してゆく予定です。

■対応できない物■
・メーカー、又は輸入代理店で対応可能な製品(メーカー側で対応を断られた物に限ります)
・オリジナルパーツ交換での対応(ただしご自身でパーツをお持ちで預ける場合、こちらでの取付け等は致します)
 ※当工房はメーカーのオリジナル(スペア)パーツは持ち合わせておりません。メーカー、または専門店にご相談ください。
▲ トップに戻る

プロフィール

金崎徳稔

小学生の頃からの筆記具好き。気付けばせっせとペンを入手しては分解や研究、書き味調整に熱中する。それまでコツコツと独学で行っていたペン修理をより向上させるため、会社勤めの傍ら万年筆修理職人の下に習いに通う。その後、副業的に筆記具の修理を始める。ある日万年筆の挽き物師に出会い、轆轤を挽いて万年筆を作る場を目の当たりにして衝撃を受ける。手作り万年筆よりも、修理の手段として轆轤仕事に魅了される。
2009年
東京下町にある万年筆材料メーカーに請われ、同社オリジナル手作り万年筆事業の立ち上げに携わる。以後、万年筆・ボールペンの設計・デザイン・製作・アフターサービスを一人で担当。
2010年
轆轤技術を元万年筆職人から伝授、数年かけてマスター。
2011年
オリジナル製品作りと並行して、メーカー・年式を問わないペンの修理サービスを始める。
2016年
修理の需要の多さを日々痛感し、独立のため退職。修理専門の工房を設立。
▲ トップに戻る

お問い合わせ

お気軽にご相談ください。入力後、すぐに受付確認メールが届きます。受信されない場合はEメールアドレスの入力に誤りがある、もしくはこちらからの受信が出来ない設定になっている恐れがあります
氏名 *
郵便番号 * -
住所 *
電話番号 * - -
メールアドレス *
本文 *
入力内容が正しければ、送信ボタンを押してください。
 
▲ トップに戻る